高畑司法書士事務所の遺言書 −費用について−

自筆証書遺言

自筆証書遺言に最低限必要なものは紙とペンと印鑑です。封筒に入れていなくても無効とはなりませんが、家庭裁判所で検認手続をするときに封筒に入れて閉じてある遺言書であれば改ざんを疑われることがなくなります。また、印鑑に実印を使う必要はありませんが実印を使っておけば遺言書が本人の作成したものであることの証拠力が高まります。その他不動産等相続財産や相続人・受遺者の表記の正確を期するのであれば登記事項証明書や戸籍謄本・住民票を取得費用が必要となるぐらいですので、自分で作成する場合は0円から可能です。
自分で費用を全くかけずに作成可能な自筆証書遺言ですが専門知識は必要です。方式を充たしていないと遺言書自体すべて無効になってしまいますし、方式は充たしていても遺留分を侵害している等法律の規制により実現できない可能性のある内容を盛り込んでしまったりすることがあります。「相続させる」「遺贈する」等法律用語は正しく使い分けないと効果に違いが出ることがありますし、もめることがないようにとせっかく作った遺言書も、相続させようとしている人が先に亡くなってしまった場合の措置をとっていないとかえって面倒の種となることもあります。
当事務所では自筆証書遺言作成の支援を行っています。これから自筆証書遺言を作成しようと検討している方のご希望に応じ財産関係や相続人を含む人間関係を詳細に伺いながら最もお客様のご意向に添う提案をさせていただきます。すでに作成した自筆証書遺言がある場合は更に相談を受けながら添削をさせていただきます。
自筆証書遺言の良いところは公正証書遺言と異なり思いついた時に費用をかけずすぐ書き直せるところです。そのため相続人が複数いるにもかかわらず相続財産が自宅のみである場合等、相続問題の種が分かっている場合はその問題の部分だけでも遺言書で対策しておくことができます、その後別の問題については追加の遺言書を書くことも一旦全部破棄してあらためて作り直すこともできます。

自筆証書遺言作成支援報酬額
 初回相談         無 料  
 遺言書の添削     10,000円〜 
 初回遺言書原案作成     30,000円〜 
 2回目以降(加除変更)     20,000円〜 
 登記事項証明書等取得(1通)        500円〜 

 自筆証書遺言の公正証書化支援     30,000円〜 
 証人代(1人)     10,000円〜 

表示の金額には消費税は含まれておりません。
  表示の金額は最低額です。事案により加算されることがあります。
  事案に応じ登記事項証明書取得等の報酬及び実費は別途必要になります。
  自筆証書遺言の公正証書化には証人が2人必要です。お客様で手配された場合は証人代はかかりません。なお、相続人や受遺者のように遺言書の中で財産を受ける予定の人やその配偶者及び未成年者等法律上証人の資格がない場合がありますので、ご確認ください。お客様で手配できない人数は当方で手配します。

公正証書遺言

公正証書遺言の作成も自筆証書遺言同様お客様のご意向を伺い遺言書原案を作成します。そして原案を事前に公証人に校正してもらい、問題がなければ作成期日に公証役場において正式な遺言公正証書が作成されます。なお、公正証書遺言作成の費用は当事務所のでの費用と公証役場での費用が必要となります。

当事務所の費用

公正証書遺言作成支援報酬額
 初回相談         無 料  
 公正証書遺言作成支援     50,000円〜 
 2回目以降(加除変更)     30,000円〜 
 登記事項証明書等取得(1通)        500円〜 
 証人代(1人)     10,000円〜 

表示の金額には消費税は含まれておりません。
  表示の金額は最低額です。事案により加算されることがあります。
  事案に応じ登記事項証明書取得等の報酬及び実費は別途必要になります。
  自筆証書遺言の公正証書化には証人が2人必要です。お客様で手配された場合は証人代はかかりません。なお、相続人や受遺者のように遺言書の中で財産を受ける予定の人やその配偶者及び未成年者等法律上証人の資格がない場合がありますので、ご確認ください。お客様で手配できない人数は当方で手配します。

公証役場の費用

目的の価額 手数料
 100万円まで         5,000円 
 200万円まで         7,000円 
 500万円まで        11,000円 
 1,000万円まで        17,000円 
 3,000万円まで        23,000円 
 5,000万円まで        29,000円 
 1億円まで        43,000円 
 1億5,000万円まで        56,000円 
 2億円まで        69,000円 
 2億5,000万円まで        82,000円 
 3億円まで        95,000円 
 3億円超     お問い合わせください。

遺言加算 手数料
 1億円まで        11,000円 

公正証書用紙代
 1枚につき           250円 
 ※ 原本3枚分については用紙代はかかりません。

公証人の手数料は、相続又は遺贈の対象となる財産の価額を目的価額として計算します。
なお、同じ遺言書の中で財産を受け取る相続人又は受遺者が複数あるときはそれぞれに別個に計算します。例えば、AさんとBさんそれぞれにに5000万円を与える内容の場合、それぞれ証書作成の29000円がかかった上遺言加算11000円がかかりますので合計69000円が必要になります。
また、祭祀の主宰者を遺言書でした場合は11000円がかかります。
なお、病気等で出張が必要な場合は証書作成手数料が50%加算された上に、旅費、日当がかかります。
その他公正証書の用紙代{原本(4枚目以降)・正本・謄本}1枚250円が加算されます。

公正証書遺言作成に必要なもの
 遺言者と相続人の続柄が分かる戸籍謄本 
 遺言者の住民票の写し 
 遺言者の印鑑証明書 (公正証書作成日において3か月以内)
 遺言者の実印
 相続人・受遺者の住民票
 受遺者の登記事項証明書(受遺者が法人の場合) 
 相続財産の資料  不動産登記事項証明書
 固定資産評価証明書
 預貯金通帳の写し
 その他事案に応じた資料
 証人の認印
 証人の運転免許証(ない場合はご相談ください。)

▲ページトップに戻る