HOME > 会社法人登記

高畑司法書士事務所の会社法人登記

会社法人登記(商業登記)とは主に会社法及び商業登記法に規定される制度です。会社は、その会社に関する一定の事項(登記事項)を国(法務局)が管理する登記簿に記録しておくようにすることが義務付けられています。登記簿は一般に公開されるため、会社と取引をしようとする者は、あらかじめその会社について情報を得ることができ、取引の安全を図ることができるのです。そして目的のためには、公開された登記簿に記録されている事項(登記事項)は正確である必要があります。このため、登記事項に変更があったときは、一定の期間内(多くは変更があった日から2週間以内)に変更の登記をする必要があります。また、登記事項に間違いがある場合は更正の登記をする必要があります。登記事項の正確性を保つため変更等の登記を怠ると 100万円以下の過料に処せられる場合がありますが、取締役や監査役の再任等役員変更登記を怠り過料を支払うケースが少なくないようですので注意が必要です。

会社設立

役員変更

商号変更

本店移転

減資(資本金の額の減少)

増資(募集株式の発行)

解散・清算

組織再編(合併・会社分割・株式交換・株式移転)

有限会社

持分会社(合同会社・合名会社・合資会社)

▲ページトップに戻る